「大阪でコスメ売るならアトツーネット化粧品買取センター」 アトツーネット 化粧品買取センター 株式会社 KTコーポレーション

お気軽にご相談ください!

06-6362-7739

営業時間 / 9:30~19:00(月〜土)

コスメの消費期限は?

コスメの断捨離を行うのに必要な知識が「コスメの消費期限」。
コスメの消費期限は開封済と未開封で大きく異なりますので、それぞれご紹介します。

一般的に、開封済コスメの消費期限は「長くて1年」と言われています。
コスメも食品と同様に空気に触れると酸化してしまうので、未開封の状態よりも短くなってしまいます。
酸化すると「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」といった細菌が繁殖します。直射日光にさらされていたりと保存状態が悪いお化粧品は、特に菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

ブランドや各製品、保管状況によって異なりますが、開封済コスメの一般的な消費期限をアイテム別にご紹介します。

    • 洗顔料、クレンジング剤…約3か月~1年
    • 化粧水、美容液/乳液…約2~3か月
    • リキッドファンデーション…約半年 ※パウダータイプは約1年
    • クリームアイシャドウ…約3か月~半年 ※パウダータイプは約3か月~1年
    • マスカラ…約3か月
    • リップ…約3か月~2年

続いて、未開封コスメの消費期限について。
未開封コスメの消費期限は、一般的には製造から約3年と言われています。
それなら製造年月日を見てすぐに判断できる♪と思うところですが、ここに驚くべき事実が存在します。なんと化粧品には期限はもちろんのこと、製造年月日も記載されていないものがほとんどなんです!!

と言うのは皆さんも一度は聞いたこともある「薬事法(=医薬品や化粧品の製造や販売について定めている法律)」では、未開封の状態で3年以上品質が保持される化粧品については、製造日も使用期限も表示しなくて良い決まりになっているからです。
逆に言えば、3年以上も品質が保たれるならば、3年経過したからといって急に劣化するというようなことはありません。
開けてみて、特に異常がないようであれば使っても良いのではというのが一般論ですが、やはり新鮮なお化粧品を使った方がお肌には良さそうですよね。

気に入ったアイテムで買いだめたりすると、ついつい期限が過ぎてしまうなんてことも…。
また期限内であっても、異臭や成分の分離があるときは思い切って断捨離してしまうのが良さそうです。

買ったけれどしばらく使う予定のないお化粧品は、まとめて風通しのよい冷暗所に保管しておきましょう。
また化粧品買取のお店に売るのも、かしこい片付けのコツです。

↓お値段を知りたい方はこちら↓

このページの先頭へ戻る